この記事はPRを含みます。
本記事にはアフィリエイトプログラムを利用しての商品のご紹介が含まれます。本記事を経由しサービスのお申し込みや商品のご購入をした場合、サービスや商品の提供元の企業様より報酬を受け取る場合がございます。

ゴールドカードおすすめランキング【2024年最新】人気を徹底比較

ゴールドカードは、「ポイント還元率が高い」「付帯特典が豪華」などメリットが多いクレジットカードです。持っているだけでかっこいいデザイン性の高いカードもあり、ステータス性を求める方におすすめだと言えます。本記事では、年会費無料からハイステータスなものまで、おすすめゴールドカードを比較してランキング形式で紹介します。
JCBゴールド
年会費 Web入会で初年度無料
通常は11,000円(税込)
審査・発行期間 最短5分(ナンバーレス)※
還元率 0.5〜10.0%
キャンペーン

入会&条件達成で最大30,000円キャッシュバック

(2024年3月31日まで)

スピードも保険も優待も。 質の高いサービスと安心感を両立。
JCBの優待店で利用すればポイントは最大10倍になり、利用額が多いほどポイントの倍率が上がります。初年度は年会費無料で利用でき、最短翌営業日の発行も可能。空港ラウンジサービスや専用デスクなど、ゴールドカードならではの特典も付帯しています。
メリットとデメリット

メリット

  • 初年度の年会費無料
  • 国内外の対象空港ラウンジを無料で利用可能
  • 上位カードへの招待あり

デメリット

  • 2枚目以降の家族カードは年会費が発生
  • 国際ブランドはJCBのみ
三井住友カード ゴールド(NL)
年会費 通常5,500円(税込)
※条件達成で初年度無料
審査・発行期間 最短翌営業日
還元率 0.5〜5.0%
キャンペーン

新規入会&条件達成で最大5,000円相当プレゼント

(2023年7月1日〜)

スタンダードな機能がより充実。 旅行でも快適と安心を提供します。
継続して利用すれば翌年度以降の年会費が無料になり、ボーナスとして10,000ポイントがもらえます。宿泊予約サービスや空港ラウンジ利用などの優待も付帯。最短5分の発行が可能なうえ、身近な対象店舗でポイントアップするおトクなゴールドカードです。
メリットとデメリット

メリット

  • 条件を達成すると年会費が永年無料に
  • 対象のコンビニ・飲食店でポイント最大7%還元
  • SBI証券の投資信託で1.0%貯まる

デメリット

  • 付帯保険の補償額は低め
  • ETCカードには年会費がかかる
公式サイトを見る
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・プリファード・カード
年会費 39,600円(税込)
審査・発行期間 1週間〜10日ほど
還元率 1.0%
キャンペーン

入会特典として最大120,000ポイントプレゼント

(終了未定)

どんなシーンも特別に。 多彩なサービスを味方にできる1枚。
継続特典には厳選されたホテルのクーポンや、スターバックスコーヒーのドリンクチケットを用意。ポイントは一度でも交換すれば無期限になります。さらに、スマホ補償や旅行時の手荷物宅配サービスなど、付帯サービスの高さも魅力です。
メリットとデメリット

メリット

  • 1,300箇所以上の空港ラウンジを無料で使える
  • 対象レストランにて1名分の料金がタダになる
  • 継続するごとにスタバのドリンクチケット3,000円分がもらえる

デメリット

  • 発行までにやや時間がかかる
  • 年会費が高め
4位
ソラチカゴールドカード
年会費 15,400円(税込)
審査・発行期間 2〜3週間程度
還元率 0.5%
キャンペーン

入会で最大49,000マイル相当プレゼント

(2024年2月29日まで)

ポイントを活用してスマートな毎日を。 チカとソラの万能型ゴールドカード。
1枚で3種類のポイントを貯められるゴールドカードです。東京メトロを利用すれば1乗車ごとにポイントが加算。また、入会や継続で2,000マイルずつ獲得でき、搭乗するとボーナスマイルももらえます。最高1億円の保険やラウンジサービスも付帯しています。
メリットとデメリット

メリット

  • ANA便に搭乗するごとに×25%のマイルを還元
  • PASMOの定期券としても利用OK
  • 3種類のポイント・マイルは全て相互交換可能

デメリット

  • 発行までに時間がかかる
  • 国際ブランドはJCBのみ
5位
ANAワイドゴールド
年会費 15,400円(税込)
審査・発行期間 通常2~3週間
還元率 1.00%~3.00%
キャンペーン

ANA Payへの新規登録&利用で最大800マイルプレゼント

※~2024年2月29日まで

Vポイントからマイルへの換算率が一般カードの2倍。
買い物でカードを利用すると1ポイントあたり2マイル貯まり、マイレージや賞品に交換可能です。 また、無料で空港ラウンジを利用できます。
メリットとデメリット

メリット

  • カード利用で1ポイントあたり2マイル付与
  • 空港ラウンジを利用できる
  • 楽天Edyチャージ&利用で200円1マイル貯まる

デメリット

  • 年会費が高い
  • ANAの利用が少ないと元がとれない

ゴールドカードのランキング根拠>>

 

 

ゴールドカードを持つのに必要な年収とは?

 

ゴールドカードを持つのであれば、平均年収の400万円ほどあれば安心でしょう。国税庁の令和4年の「民間給与実態統計調査」によれば、平均給与は458万円であることが分かっています。

 

もし、平均ほど年収をもらっておらず審査が不安なのであれば、グレードの低いゴールドカードに申し込むのがおすすめです。

 

ゴールドカード例 年会費
格安:三井住友カード ゴールド(NL) 5,500円
条件達成で永年無料
若者向け:JCB GOLD EXTAGE 初年度無料
3,300円
スタンダード:JCBゴールド 初年度無料
11,000円
ハイランク:アメックスゴールド 36,300円

 

年収が200〜300万円の人・20代の人は、格安もしくは若者向けのゴールドカードが最適。年会費が安いぶん、特典や優待はシンプルなことが特徴です。

 

年収が平均以上の人・30代以上の人は、スタンダードもしくはハイランクなゴールドカードが狙い目。年会費はやや高めですが、優待サービス・保険などが充実しており、特別感があります。

 

ゴールドカードの選び方

 

ゴールドカードを選ぶときは、以下のポイントに注目しましょう。

ゴールドカードの選び方

  • 年会費
  • 付帯保険
  • 特典・優待サービス

年会費

 

年会費はゴールドカードによって様々です。条件を達成すれば永年無料で持てるゴールドカードもあれば、30,000円以上かかるゴールドカードもあります。

 

なるべく維持費を抑えたい方には、年会費が無料〜10,000円以内のゴールドカードがおすすめ。特典や優待をたくさん利用したい方には、10,000円以上のゴールドカードが最適です。

 

あまりにも年会費が高いゴールドカードを持つと損をすることも考えられます。自分の収入に見合っているか申し込み前に確認しておきましょう。

 

ゴールドカードのメリット

 

ここからは、ゴールドカードのメリットを紹介していきます。

ゴールドカードのメリット

  • 空港ラウンジを無料で使える
  • 利用限度額が高い
  • インビテーションが届くことがある
  • ステータスが高い
  • 付帯保険が充実している
  • ポイントが貯まりやすい

 

空港ラウンジを無料で使える

 

ゴールドカードの大きなメリットは、対象の空港ラウンジが無料で利用できることでしょう。

 

ポイント
一般ランクのクレジットカードにはほぼ付いていません。ゴールドランク以上のクレジットカードから付帯している貴重な特典と言えます。

 

空港ラウンジ内では、ドリンク・新聞・会議室といった様々なサービスを、ほぼ全て無料で使用可能。空港ラウンジには、ゴールドカードと当日の航空券があれば入れます。

 

利用限度額が高い

 

利用限度額が高いこともゴールドカードのメリット。1ヶ月のうちに決済できる額も増えるため、たくさん使っても制限がかかりにくいです。

 

日常的な買い物のほかに、公共料金・積み立て投資・旅行代金など、様々な費用を支払えるでしょう。利用額が大きくなれば、ポイントも貯まりやすくなります

 

一般ランクの場合、限度額は30万円ほどですが、ゴールドカードなら100万円に設定してもらえることもありますよ。

 

インビテーションが届くことがある

 

インビテーションとは、クレジットカード発行会社から届く、上位カードへの招待のことです。ゴールドカードを使い続ければ、プラチナカードへ招待されることがあります。

 

ポイント
インビテーションを経由して申し込むと、年会費が無料になる場合も。中には、招待をもらわないと発行できないクレジットカードもあります。

 

インビテーションが届く条件は、一般的に公開されていません。1年間の利用額やゴールドカードを保有している年数など、収入状況などが重視されると言われています。

 

ステータスが高い

 

ゴールドカードのメリットとして、ステータスが高いことも挙げられます。

 

中でも、アメックスやダイナースクラブのゴールドカードは非常にハイランク。海外でも通用すると言われているため、国外旅行が好きな方・海外の企業と取引することがある方におすすめです。

 

アメックスやダイナースクラブは年会費が高く優待が充実していることで有名なため、1枚持っていれば社会的信用を表明することができるでしょう。

 

ゴールドカードに関するアンケート

 

ゴールドカード利用者を対象に、ココモーラのコンテンツ制作に役立てる目的で独自のアンケート調査を実施しました。

 

これからゴールドカードを選ぶ人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

調査方法 フリージーを使用した独自調査
調査対象 18歳以上の男女
調査対象者数 126人
年齢比率

20~29歳:1人(0.39%)

30~39歳:10人(3.88%)

40~49歳:29人(11.24%)

50~59歳:68人(26.36%)

60歳以上:150人(58.14%)

性別比率

男性:189人

女性:69人

職業比率

会社員(正社員):71人(27.52%)

会社員(契約・派遣社員):14人(5.43%)

経営者・役員:19人(7.36%)

公務員(教職員を除く):6人(2.33%)

自営業:23人(8.91%)

自由業:6人(2.33%)

医師・医療関係者:3人(1.16%)

専業主婦:29人(11.24%)

学生:0人(0%)

パート・アルバイト:24人(9.3%)

無職:58人(22.48%)

その他:5人(1.94%)

調査期間 2024年2月
調査地域 日本

ゴールドカードに関するアンケート調査結果の元データ(PDF)>>
ゴールドカードのアンケート調査の詳細>>

 

どのゴールドカードを持っていますか?

 

ゴールドカード アンケート調査1

 

項目 回答者数 割合
JCBゴールド 31 12.02%
三井住友カード ゴールド(NL) 36 13.95%
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 17 6.59%
三菱UFJカード・ゴールドプレステージ 18 6.98%
ソラチカゴールドカード 4 1.55%
楽天プレミアムカード 28 10.85%
ダイナースクラブカード 8 3.1%
イオンゴールドカード 49 18.99%
エポスゴールドカード 16 6.2%
auPAYゴールドカード 7 2.71%
dカードGOLD 68 26.36%
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 3 1.16%
ライフカードゴールド 3 1.16%
セゾンゴールドカード・アメリカン・エキスプレス・カード 19 7.36%
UCカード ゴールド 9 3.49%
その他 41 15.89%

 

最も人気が高かったのは「dカードGOLD」。回答者のうち、約3割の人が持っていることが判明しました。

 

チェック
dカードGOLDでドコモの利用料金を支払うと10%のポイントが還元されます。もし、スマホ代を毎月1万円払えば年間で12,000ポイントが貯まるので、年会費11,000円(税込)が相殺されるというわけです。

 

上記のポイントはスマホ代を払った分だけなので、食費や日用品などもdカードGOLDで決済すれば、もっと多くのポイントを獲得できるでしょう。

 

イオンゴールドカードや三井住友カード ゴールド(NL)も人気のようです。

 

ゴールドカードを発行したきっかけ、選んだポイントは何ですか?

 

ゴールドカード アンケート調査2

 

項目 回答者数 割合
年会費の安さ 41 15.89%
ポイント還元率の高さ 62 24.03%
ゴールドカードのインビテーションが来た 27 10.47%
無料の空港ラウンジの多さ 23 8.91%
優待や特典の充実度 31 12.02%
付帯保険の手厚さ 10 3.88%
ポイントの使いやすさ 22 8.53%
限度額の高さ 9 3.49%
ステータス 13 5.04%
その他 20 7.75%

 

「ポイント還元率の高さ」を重視してゴールドカードを発行する人が非常に多いことが分かりました。今回のアンケート調査で人気のTOP3も、対象の支払いでポイントがアップします。

 

  • dカードGOLDはスマホ料金の支払いで10%還元
  • イオンゴールドカードはイオン系列店で1.0%還元
  • 三井住友カード ゴールド(NL)は対象のコンビニ・飲食店で最大7%還元+SBI証券の投資信託で1.0%還元

 

せっかくゴールドカードを発行するなら、メインカードとして利用してお得にポイントを貯めたいと考えている人が多いのでしょう。

 

どこに注目してゴールドカードを選ぶか迷った方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

ゴールドカードを発行したときの年収はどのくらいでしたか?

 

ゴールドカード アンケート調査3

 

項目 回答者数 割合
年収200万円未満 41 15.89%
年収200~300万円未満 23 8.91%
年収300~400万円未満 26 10.08%
年収400~500万円未満 24 9.3%
年収500~600万円未満 25 9.69%
年収600~700万円未満 25 9.69%
年収700~800万円未満 21 8.14%
年収800万円以上 73 28.29%

 

ゴールドカードを発行した時の年収を伺ったところ、「800万円以上」と回答した方が最多でした。

 

ゴールドカードはステータスの高いクレジットカードなので、年収が高くないと審査に通らないイメージがあるのかもしれません。ただ、年収がそこまで多くなくても発行できるゴールドカードもあります。

 

チェック
条件達成で年会費が無料になるゴールドカードや若者をターゲットにしたゴールドカードなら、年収が平均程度若しくは平均以下でも申し込みやすいです。

 

実際、今回のアンケート調査でも2番目に多かったのは「200万円未満」と回答した方でした。もし年収がネックで審査が不安という方は、三井住友カード ゴールド(NL)やエポスゴールドカードを検討してみてください。

 

年収が高く審査も不安でないという方には、JCBゴールドやアメックス・ゴールドなどがおすすめです。

 

ゴールドカードで毎月平均どのくらい決済していますか?

 

ゴールドカード アンケート調査4

 

項目 回答者数 割合
2万円未満 54 20.93%
2~3万円未満 23 8.91%
3~4万円未満 19 7.36%
4~5万円未満 33 12.79%
5~6万円未満 20 7.75%
6~7万円未満 8 3.1%
7~8万円未満 9 3.49%
8~9万円未満 8 3.1%
9~10万円未満 11 4.26%
10万円以上 73 28.29%

 

ゴールドカードを毎月10万円以上利用していると回答した方が非常に多かったです。食費や日用品などの日常的な支払いだけでなく、光熱費やネット料金などの固定費もまとめているのでしょう。

 

チェック
三井住友カード ゴールド(NL)やエポスゴールドカードのように、年間の利用額に応じてボーナスポイントがもらえるゴールドカードもあるので、高額になりがちな固定費も一緒に支払った方がお得にポイントを貯められます。

 

また、ゴールドカードでたくさん決済してクレヒスを蓄積すれば、プラチナカードのインビテーションが届くことも。インビテーションで申し込んだ方が発行しやすいため、より上位のクレジットカードを持ちたい人におすすめの活用方法です。

 

ゴールドカードを使っていて感じるメリットは何ですか?

 

ゴールドカード アンケート調査5

 

項目 回答者数 割合
ポイントが貯まりやすい 115 44.57%
優待や特典を利用できる 51 19.77%
無料で空港ラウンジを使える 39 15.12%
利用限度額が高く、たくさん決済できる 16 6.2%
ステータスが手に入る 18 6.98%
より上位カードのインビテーションが来た 0 0%
その他 19 7.36%

 

ゴールドカードのメリットを調査したところ、「ポイントが貯まりやすい」と回答した方がダントツで多く、約半数にも上りました。

 

そのほかの回答としては、「優待や特典を利用できる」「無料で空港ラウンジを使える」といった意見も目立ちました。特に空港ラウンジの特典は、一般ランクのクレジットカードにはほとんど付帯していません。

 

そのため、旅行好きな方や帰省・出張などで飛行機をよく利用する方は、ゴールドカードを持っておいて損はないでしょう。

 

監修者

専修大経営学部卒業後、16年間パソコンやIT関連の企業にて営業職に携わる。その間に資産運用に興味を持ち日本FP協会のAFP資格を取得。2004年3月に同協会のCFP®資格を取得し同年6月、札幌にて「オンダFP事務所」を開業。初心者向け資産運用に関するセミナーと投資信託など資産運用を中心とした記事の執筆及びクレジットカード、カードローン、暗号資産、住宅ローンなどの記事監修を中心に活動中。

大学卒業後、医薬品・医療機器会社に就職。在職中にFP1級CFP宅地建物取引士に独学で合格。
会社を退職後、未経験から神戸で数少ない独立型FPとして起業。現在は相談業務、執筆業務を中心に活動中。

育休中、フリーランス女性に向けて「社会制度」や「貯金・投資」に関するお役立ち情報を発信。

マネーコラムの執筆や記事監修も手がける日経xwoman公式アンバサダー。著書「お金の使い方、貯め方教えて下さい」主婦の友社

<a href="https://cc-moola.com/creditcard/kenji-kaneko/">金子 賢司</a>
ファイナンシャルプランナー

東証一部上場企業で10年間サラリーマンを務める中、業務中の交通事故をきっかけに企業の福利厚生に興味を持ち、社会保障の勉強を始める。

以降ファイナンシャルプランナーとして活動し、個人・法人のお金に関する相談、北海道のテレビ番組のコメンテーター、年間毎年約100件のセミナー講師なども務める。趣味はフィットネス。健康とお金、豊かなライフスタイルを実践・発信しています。

<a href="https://cc-moola.com/creditcard/takeshi-toriya/">鳥谷 威</a>
有限会社バード商会

福岡の大学を卒業後、大手インフラ業界に就職。主に、ご家庭の光熱費削減や新電力の業務に約4年ほど従事。現在は、父の会社(有限会社バード商会)を継ぎ、独立系のファイナンシャル・プランナーとして活動中。専門分野は、家計改善(光熱費の見直し)と資産形成の分野。

FPの実績は、カードローン相談、光熱費の見直し、企業型確定拠出年金の導入、日本FP協会でアシスタント相談員、執筆などを行っている。

水野総合FP事務所代表。不動産の実行支援をお手伝いする独立系ファイナンシャルプランナー

年間100名以上のお客様から不動産・住宅ローン、資産運用やライフプランなど、様々なご相談をお受けしています。

日本FP協会「2021年FP広報センター」スタッフ。楽しい暮らしを叶える不動産エージェント。学校法人専門学校非常勤講師。

人気特集一覧

カテゴリ一覧

カード種類
  • -
  • -
  • -
年会費
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
スマホ決済
  • -
  • -
  • -
対応ポイント
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
追加カード
  • -
  • -
その他
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
国際ブランド
  • -
  • -
  • -
  • -
還元率
  • -
  • -
  • -
電子マネー
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
対応マイル
  • -
  • -
付帯保険
  • -
  • -
  • -
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。

・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。

・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。

・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

・ココモーラでは、アフィリエイトプログラムを利用し、アコム社などサービスや商品の提供元の企業様から委託を受け広告収益を得て運用しております。