Coco Moola
この記事はPRを含みます。
arrow-pr
本記事にはアフィリエイトプログラムを利用しての商品のご紹介が含まれます。本記事を経由しサービスのお申し込みや商品のご購入をした場合、サービスや商品の提供元の企業様より報酬を受け取る場合がございます。

JCBプラチナ法人カード

JCBプラチナ法人カード

評価

年会費

33,000円(税込)

審査・発行期間

-

ポイント還元率

0.45%~9.90%
キャンペーン

使用者カード追加で最大30,000円分JCBギフトカードプレゼント※2025年3月31日までに申し込み、2025年4月31日までに参加登録

より余裕のある旅行や出張を実現。 最大限の優待を付帯した法人向けプラチナカード。

ホテルや航空券の予約をはじめ、24時間365日サポートしてくれる「プラチナ・コンシェルジュデスク」を完備しています。また、世界1,300ヶ所以上の空港ラウンジを無料でで利用できる「プライオリティ・パス」も用意。利用状況は会計ソフトと連動で効率よく管理できます。

メリット

  • プライオリティパスを無料で登録・利用できる
  • プラチナ・コンシェルジュデスクのサービスが受けられる
  • グルメ・ベネフィットでお得にコース料理が食べられる

デメリット

  • マイルへの移行ができない
  • 利用限度額がある
カード名JCBプラチナ法人カード
年会費33,000円(税込)
国際ブランドJCB
審査・発行期間-
入会資格18歳以上
申し込み方法インターネット
支払い方法-
ショッピング利用可能枠-
キャッシング利用可能枠-
リボ払い金利-
キャッシング金利-
締め日・支払日-
備考-

クレジットカード口コミ・評判

閉じる

arrow-blue

JCBプラチナ法人カードのメリット

 

JCBプラチナ法人カードのメリット

  • ハイクラスな特典が付帯している
  • ビジネスに役立つ特典がある
  • 還元率が高い

 

ハイクラスな特典が付帯している

 

JCBプラチナ法人カードは、同シリーズの法人カードでは最上位のカードランクです。そのため、付帯している特典もハイクラスなのが特徴といえます。

 

ポイント
たとえば、24時間365日相談に応じてくれる「プラチナ・コンシェルジュデスク」や、世界148の国や地域の空港ラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」が代表例です。
もちろん、ゴールドカードと共通の特典である、国内・海外の空港ラウンジ無料サービスや、全国1,200ヶ所のゴルフコース予約なども使えます。

ビジネスに役立つ特典がある

 

プラチナカードならではの特典も目立ちますが、法人カードとしてビジネス特典も目が離せません。

 

車での移動が多い法人におすすめなのが、ETCカードを年会費無料で複数枚発行できる点です。把握が手間取りがちな利用状況も、「JCB E-co明細」でオンラインから簡単に確認できます。

 

ポイント
もちろん、本カードの利用状況もオンラインで確認可能。さらに、面倒な会計処理もMyJCBの外部接続サービスを利用すれば、freee会計や弥生会計などの会計ソフトと自動で連携できます。
利用状況をデータで把握・管理する以上、セキュリティが気になるかもしれませんが心配はご無用。リスクを簡易的に調べたり、万が一の被害にあった際もサポートしてくれたりなど、サイバー・リスク保険が付帯しています。

還元率が高い

 

JCBプラチナ法人カードの還元率は、通常こそ0.5%ですが、優待店で利用すればさらにお得にポイントが貯まります。

 

Amazonならポイント3倍、タイムズパーキングでポイント2倍。物品購入や駐車などでもポイントが貯まります。

 

還元率が上がるJCBの優待店「JCBオリジナルパートナーズ」は、取り扱っているジャンルが多いのが特徴です。社内でも外出先でも使いやすい優待店で、賢くポイントを集めてみてください!

クレジットカードこの記事の監修者