Coco Moola
この記事はPRを含みます。
arrow-pr
本記事にはアフィリエイトプログラムを利用しての商品のご紹介が含まれます。本記事を経由しサービスのお申し込みや商品のご購入をした場合、サービスや商品の提供元の企業様より報酬を受け取る場合がございます。

JAL法人カード(普通カード)

JAL法人カード

評価

年会費

2,200円(税込)

審査・発行期間

-

ポイント還元率

0.40%~0.80%

ビジネスでJALを利用する人におすすめ。 付帯保険も自動付帯で安心です。

カード利用者ごとに貯まるフライトマイルや、JALグループ便搭乗時にボーナスマイルがもらえてJALマイルが貯めやすいです。「JALカード割引」を利用すると当日の予約や変更ができて、マイルも100%貯まります。国内・海外旅行傷害保険が自動付帯しているのもメリットです。

メリット

  • ボーナスマイルが獲得できる
  • JALグループ便の航空券を割引で購入できる
  • 旅行傷害保険が自動付帯

デメリット

カード名JAL法人カード(普通カード)
年会費2,200円(税込)
国際ブランドVISA、Mastercard
審査・発行期間-
入会資格-
申し込み方法電話申し込み
支払い方法国内 : 1回払い 海外 : 1回払い
ショッピング利用可能枠-
キャッシング利用可能枠-
リボ払い金利-
キャッシング金利14.95%~17.95%
締め日・支払日15日締め・翌月10日払い
備考-

クレジットカード口コミ・評判

閉じる

arrow-blue

JAL法人カード(普通カード)のメリット

 

JAL法人カード(普通カード)のメリット

  • 当日の航空券を割引価格で買える
  • 搭乗でボーナスマイルが貯まる
  • 年会費が比較的安い

 

当日の航空券を割引価格で買える

 

仕事の都合で急にきょう出張が決まった、なんてこともあるでしょう。一般的に、航空券の価格は搭乗日に近くなるほど高くなってしまうため、当日の航空券が高額になっている場合もあります。

 

ポイント
しかし、「JALビジネスきっぷ」を利用すれば、当日の航空券を割引価格で購入可能です。しかも、JALマイルは通常運賃に対して100%が付与されます!

JALビジネスきっぷの強みは、当日に航空券を買えるだけでなく、急な変更やキャンセルができる点にもあります。突発的な出来事でも経費をうまく抑えることが可能です。

 

搭乗でボーナスマイルが貯まる

 

JAL法人カード(普通カード)は、通常のJALカードと同様にボーナスマイルを用意。JAL便に搭乗すると、通常のフライトマイルに10%分が加算されます。

 

また、入会や毎年の初回搭乗でもボーナスマイルを獲得可能です。普通カードの場合、どちらも1,000マイルずつの付与となります。

 

会社で利用する航空会社をJALにまとめるようにすれば、フライトマイルを効率よく積算できるでしょう。

 

年会費が比較的安い

 

法人カードを作るときに気になるのが年会費。法人カードは年会費がかかるものが多いですが、かといって高額なコストをかけてまで法人カードを持つメリットはありません。

 

その点、JALカード(普通カード)は年会費が2,200円(税込)と比較的安めです。飛行機での出張が多い会社では、貯まるマイルを考えるとコスパが良いでしょう。

 

リーズナブルな年会費でマイルが貯まりやすい法人カードはなかなかありません!

 

JAL法人カード(普通カード)のデメリット

 

JAL法人カード(普通カード)のデメリットは以下のとおりです。

 

JAL法人カード(普通カード)のデメリット

  • オンライン申し込みができない
  • ショッピングマイルが貯まらない
  • JALマイルの合算は不可
  • JCBブランドを選択できない

 

オンライン申し込みができない

 

JAL法人カード(普通カード)はインターネットからではなく郵送でのみ申し込みが可能です。そのため、HPで情報を確認してすぐに申し込めないのはデメリットでしょう。

 

ポイント
申し込むには電話で入会申込書を取り寄せる必要があります。営業時間も決まっているので、祝日や夜に電話をかけてもつながりません。

 

 

入会申込書を郵送でやり取りするため、申し込みが完了するまで時間がかかります。作成には余裕を持って電話をかけるようにしましょう。

 

ショッピングマイルが貯まらない

 

個人カード用のJALカードでは、普段の買い物でショッピングマイルが貯まります。しかし、JAL法人カード(普通カード)では買い物でJALマイルを貯めることができません

 

そのため、会社で必要なものを購入してもJALマイルは加算されないのです。

 

JAL法人カード(普通カード)でマイルを貯める方法は、JAL便に搭乗もしくは継続ボーナスの2つ。JAL便を頻繁に利用しなければ、マイルは貯めにくいでしょう。

 

JALマイルの合算は不可

 

JAL法人カード(普通カード)は追加カードを発行できますが、使用者間でのJALマイルは合算できません

 

ポイント
ポイントを共有できる家族カードとは異なり、会社内でそれぞれJAL法人カード(普通カード)を使っていても、JALマイルは独立していることになります。

 

会社内でJALマイルを一緒にしたくてもできないことは把握しておきましょう。

 

JCBブランドは選択できない

 

現在、JAL法人カード(普通カード)はJCBブランドの新規受付を停止しているため選択できません。JCBブランドを希望する場合は、別の法人カードにしましょう。

 

現在選べる国際ブランドはVisa・Mastercard・DCです。特にVisaとMastercardは加盟店が多いので、JCBにこだわる理由がなければデメリットにはならないでしょう。

 

個人用カードはJCBを選択できます。今後申し込み受付を再開する可能性もあるので要チェックです。

 

 

クレジットカードこの記事の監修者