Coco Moola
この記事はPRを含みます。
arrow-pr
本記事にはアフィリエイトプログラムを利用しての商品のご紹介が含まれます。本記事を経由しサービスのお申し込みや商品のご購入をした場合、サービスや商品の提供元の企業様より報酬を受け取る場合がございます。

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・カード

Marriott Bonvoy

評価

年会費

23,100円(税込)

審査・発行期間

1週間〜3週間程

ポイント還元率

0.66〜1.33%

Marriott Bonvoyのエリート資格を付与。 特別で優雅な旅行を楽しみたい方におすすめ。

持っているだけでMarriott Bonvoy「シルバーエリート」会員資格が付与され、年間100万円以上の利用でグレードが上がります。 例えば、レイトチェックアウトやホテル利用で10%のボーナスポイントが付与されます。 また、カード継続+条件達成で無料宿泊券をプレゼント。空港ラウンジ無料利用をはじめとする特典や、国内・海外旅行傷害保険も付帯しており、旅行時のサポートも充実しています。

メリット

  • 会員ステータスのランクアップが可能
  • ポイントで無料宿泊ができる
  • Marriott Bonvoyで購入した携帯1台につき、最大3万円までの修理補償

デメリット

  • ブランドがAmerican Expressのみ
  • 年会費が高い
カード名Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレスカード
年会費23,100円(税込)
国際ブランドAMEX(アメックス)
審査・発行期間1週間〜3週間程
入会資格20歳以上
申し込み方法web申し込み
支払い方法国内:1回払い、リボ払い 海外:1回払い
ショッピング利用可能枠-
キャッシング利用可能枠-
リボ払い金利-
キャッシング金利-
締め日・支払日利用者により異なる
備考-

クレジットカード口コミ・評判

4.0

マリオットポイントを貯めることができ、いろいろな航空会社のマイルに交換することができるので便利です。交換率も航空会社のカードと変わらないところが良い。

30代

男性

会社員

human

3.0

年会費は高く感じるが、一定額以上の利用額があるとホテルに一泊できるサービスがあるので、そこまで負担には感じていない。また、カードの見た目も悪くはないので、使い勝手は良い

30代

女性

会社員

human

5.0

マリオットポイントがためやすく、マリオットホテル宿泊で6%のポイントが付与されるのがよい。またある程度利用する事で、ホテル宿泊が1泊無料になるため、年会費のもとは十分にとれる。マイルへの交換も簡単です。

40代

女性

会社員

human

もっと見る

arrow-blue

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・カードのメリット

 

メリット

  • Marriott Bonvoyのエリート資格が付与される
  • 条件クリアで無料宿泊券がもらえる
  • 還元率が高い

 

Marriott Bonvoyのエリート資格が付与される

 

Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・カードはカードを持つだけで、Marriott Bonvoyの「シルバーエリート」資格が自動で付与されます。

 

ポイント
通常であれば、Marriott Bonvoyの「シルバーエリート」資格は年間で10泊以上の宿泊をしないと付与されません。持つだけで資格が得られることからカードのステータスの高さが伺えます。
Marriott Bonvoyの「シルバーエリート」資格では、レイトチェックアウトや対象サービスへのボーナスポイントなどが利用可能です。
さらに、年間100万円以上の利用でワンランク上の「ゴールドエリート」資格も取得できます。こちらも通常は25泊以上の宿泊が必要ですが、年間利用額のクリアで資格のランクアップが可能です。

条件クリアで無料宿泊特典がもらえる

 

Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・カードを年間150万円以上利用したうえで、翌年度以降もカードを継続すると、無料宿泊特典が進呈されます。

 

無料宿泊特典は、Marriott Bonvoyに参加している世界中のホテルで利用可能。条件を達成するだけで、世界を代表する数々のホテルに無料で泊まれるのは大きなメリットですね!

 

還元率が高い

 

Marriott Bonvoyに参加しているホテルでカードを利用すると還元率が4.0%になります。もちろん、普段の買い物でも100円につき2ポイントとポイントが貯まりやすいです。

 

また、カード入会から3ヶ月以内に30万円以上使えば、ボーナスポイント10,000ポイントも進呈されます。

 

ポイント
貯まったポイントはMarriott Bonvoyに参加しているホテルでの無料宿泊のほか、他社ポイント・マイルにも交換可能。Marriott Bonvoy Momentsで交換すれば、有名人との交流体験などにも利用できます。

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・カードのデメリット

 

デメリット

  • Marriott Bonvoyのホテルでしか還元率が上がらない
  • 条件を達成しないと継続特典なし
  • プライオリティ・パスは付帯していない

 

Marriott Bonvoyのホテルでしか還元率が上がらない

 

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・カードはMarriott Bonvoyのホテルで支払うと100円で4ポイントが貯まります。通常の買い物で貯まるのは100円につき2ポイントなので、還元率は2倍です。

 

ポイント
しかし、還元率が2.0%から4.0%にアップするのはMarriott Bonvoyのホテルで利用したときだけ。それ以外の場所やサービスでは一切ポイント還元率が上がりません。
このように、還元率がアップする利用先は少ないですが、普段の還元率が2.0%と高いためカバーしていると考えればそこまでデメリットではないでしょう。

条件を達成しないと継続特典なし

 

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・カードの継続特典では無料宿泊券がもらえます。しかし、この継続特典は年間150万円利用しなければもらえません

 

次年度もカードを引き続き利用するだけでは、継続特典がもらえないので注意しましょう。継続特典を狙っている方は毎月12.5万円のペースでカードを利用しなくてはなりません。

 

年間150万円を超えないとメリットが減ってしまうので、積極的にカード払いするのがおすすめです。

 

プライオリティ・パスは付帯していない

 

Marriott Bonvoyのホテルは海外にもあります。海外旅行中におすすめなのが、世界中のラウンジを無料で利用できるプライオリティ・パスです。

 

しかし、Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・カードにはプライオリティ・パスが付帯されていません。ゆえに、海外旅行でもラウンジでゆったり過ごすことができないのです。

 

もしプライオリティ・パスを作成したい場合は、他のゴールドカードに申し込むのがおすすめです。

 

クレジットカードこの記事の監修者