Coco Moola
この記事はPRを含みます。
arrow-pr
本記事にはアフィリエイトプログラムを利用しての商品のご紹介が含まれます。本記事を経由しサービスのお申し込みや商品のご購入をした場合、サービスや商品の提供元の企業様より報酬を受け取る場合がございます。

JCB一般法人カード

JCB法人一般カード

評価

年会費

オンライン入会で初年度無料 通常1,375円(税込)

審査・発行期間

通常2〜3週間程度

ポイント還元率

0.5〜9.9%
キャンペーン

新規入会&条件達成で最大20,000円分プレゼント
(2024年9月30日まで)

情報の集約と自動化を実現。 使いやすさが光るビジネスの味方。

カードの利用状況は、JCBの高いセキュリティ技術と各種ソフトとの連携で効率よく管理ができます。また、出張が多い方でも手軽に予約できるサービスや、特別価格での交通利用が可能。優待店ならポイントは最大10倍貯まります。

メリット

  • 請求書カード払いが可能
  • 初年度の年会費が無料で使える
  • freeeや弥生会計と連携できる

デメリット

  • 2年目以降は年会費がかかる
  • 限度額が最大100万円と少なめ
カード名JCB一般法人カード
年会費オンライン入会で初年度無料 通常1,375円(税込)
国際ブランドJCB
審査・発行期間通常2〜3週間程度
入会資格法人または個人事業主 ※カード使用者は18歳以上の方が対象
申し込み方法インターネット
支払い方法1回払い、2回払い、ボーナス1回払い、ショッピングリボ払い、ショッピング分割払い、ショッピングスキップ払い
ショッピング利用可能枠10〜100万円 ※総枠
キャッシング利用可能枠-
リボ払い金利-
キャッシング金利-
締め日・支払日毎月15日締め・翌月10日支払い(土日・祝日の場合は翌営業日)
備考-

口コミ・評判

5.0

年会費がリーズナブルでありながら旅行傷害保険が手厚いので、出張の際など万が一の時にも安心感がありますし、ポイント還元率も高いので使い勝手が良いです。

40代

男性

会社員

human

5.0

20年以上使用していますが、困った事などは一切なく安心して使用できるカードです。一度、不正利用があった様で連絡があり、その場で解決し対処してくれ新しいカードがすぐさま送られてきました。

40代

男性

会社員

human

4.0

会社の出張用とETCカードとして利用していますが、年会費が法人カードの中でも安くて汎用性が高いので不便は感じていません。複数枚発行でき社員間で渡し合うことも無く良いです。

30代

男性

会社員

human

もっと見る

arrow-blue

JCB一般法人カードのメリットとは?

 

JCB一般法人カードには4つのメリットがあります。

 

JCB一般法人カードのメリット

  • 従業員にカードを発行できる
  • ETCカードを複数発行できる
  • ポイントが貯まりやすい
  • 保険が充実している

 

従業員にカードを発行できる

 

従業員に追加で何枚でもカードを発行することができます。

 

従業員カードを発行することで、カードの利用状況などが分かり経費の管理がしやすくなります。

 

本カードの年会費は初年度無料のため、追加カードも初年度は年会費無料です。

ETCカードを複数発行できる

 

JCB一般法人カードの発行数は関係なく、ETCカードを年会費無料で複数枚発行できます。

 

ポイント
JCB E-co明細サービスを利用するとETCカードの最長15か月分の利用区間や金額などの明細をネットで確認できるようになります。
明細書は印刷やデータの出力もできるので経費としてまとめることも可能です。

ポイントが貯まりやすい

 

1,000円につき1ポイントが貯まり、利用金額に応じて自動的に貯まります。

 

ポイント
ポイント優待店での利用やOkiDokiランド経由でカードを利用すると、さらにポイントがアップします。

 

また、海外での利用でポイントが2倍になるなど使えば使うほどお得が多いです。

 

保険が充実している

 

海外・国内旅行保険がともに最大3,000万円、海外でのショッピング保険で最大100万円など保険が充実しています。

 

さらにサイバー保険が付帯しており、今すぐできる備えとトラブル発生時のサポートが無料で提供されます(一部有料)。

 

ほかの法人カードにはあまりサイバー保険は付帯されておりません。サイバー保険が付帯する法人カードはJCBが業界初な点も魅力です。

この記事の監修者