この記事はPRを含みます。
本記事にはアフィリエイトプログラムを利用しての商品のご紹介が含まれます。本記事を経由しサービスのお申し込みや商品のご購入をした場合、サービスや商品の提供元の企業様より報酬を受け取る場合がございます。

審査が甘いクレジットカードはある?審査が不安な人向け比較ランキング

クレジットカードを作る過程において、  必ず行われる審査。  収入面などで審査を通過できるか心配な方は、  こちらのページで紹介されているカードがおすすめです。  年会費が無料のクレジットカードも多数紹介しているので、  特徴や機能を比較して自分に合ったクレジットカードを探してみてください!
エポスカード
年会費 永年無料
審査・発行期間 最短即日
還元率 0.5%
キャンペーン

入会で最大2,000円相当をプレゼント

(終了未定)

カードの当日受け取り可能。 特典や保険など充実度の高さが魅力。
全国10,000店舗の優待店で会員限定特典が受けられます。ポイントアップサイト経由で買い物をすれば、最大30倍までアップ。年会費が永年無料でコストがかからないうえ、スマホ決済や旅行傷害保険の自動付帯など付帯内容が非常に充実したカードです。
メリットとデメリット

メリット

  • 最短即日でエポスカードを受け取れる
  • 全国10,000箇所以上で優待あり
  • 一定の条件を満たせば年会費無料ゴールドカードの招待が来る

デメリット

  • 家族カードはゴールド・プラチナ会員でないと作成できない
  • 国内旅行傷害保険が付帯していない
ライフカード
年会費 永年無料
審査・発行期間 最短3営業日
還元率 0.5〜1.5%
キャンペーン

入会と条件達成で最大15,000円キャッシュバック

(終了未定)

充実のポイントプログラム。 あらゆる機能の使いやすさが魅力。
誕生月ならポイント3倍、入会から1年間は1.5倍など、とにかくポイントが貯まりやすいクレジットカードです。L-mall経由で買い物すれば最大で25倍にアップします。年会費は永年無料で、家族カードやETCカードも無料で発行できます。
メリットとデメリット

メリット

  • 誕生月は毎年ポイント3倍
  • 利用額に応じて基本還元率もポイントアップ
  • ポイントの有効期限が5年と長め

デメリット

  • 旅行傷害保険が付帯していない
  • 機能や特典がシンプル
公式サイトを見る
ACマスターカード
年会費 永年無料
審査・発行期間 最短20分審査、最短即日発行
還元率 0.25%
利用分に応じてキャッシュバック。 カードローンとの併用も可能。
毎月の利用額から0.25%が自動でキャッシュバックされます。インターネットと自動契約機を併用すれば、最短即日でカード発行が可能です。また、審査には独自の審査基準を設けており、パートやアルバイトの方でも申し込みができます。
メリットとデメリット

メリット

  • 最短20分で審査が完了する
  • 即日でACマスターカードを受け取ることも可能
  • 利用分の0.25%が自動でキャッシュバックされる

デメリット

  • 還元率がかなり低い
  • 付帯保険がない
  • ETCカードも家族カードも発行できない
公式サイトを見る
4位
イオンカードセレクト
年会費 永年無料
審査・発行期間 最短即日
還元率 0.5%
キャンペーン

新規入会で最大11,000ポイントがもらえる

(2024年1月8日まで)

1枚で3役こなせる万能型カード。 イオン系列でのサービスが充実。
クレジットカード・キャッシュカード・電子マネーの機能を一本化したカードです。イオン系列の対象店舗ならいつでもポイントが2倍になり、毎月20・30日は5%割引が受けられます。公共料金や口座指定でもポイントが毎月貯まります。
メリットとデメリット

メリット

  • イオングループの対象店舗でポイント2倍
  • 毎月20日・30日は対象店で5%OFF
  • 最短即日でイオンカードセレクトを受け取れる

デメリット

  • 旅行傷害保険が付帯していない
  • イオングループのお店が周囲にないとお得感がない
5位
Nexus Card
年会費 1,375円(税込)
※発行手数料:550円(税込)
審査・発行期間 2週間程度
還元率 0.5%
利用枠は自分で決められる。 柔軟な使い方ができる1枚。
カードの限度額は事前にデポジットした分だけ使えるため、つい使いすぎてしまう方にぴったり。ポイントは買い物以外に固定費の支払いでも貯めることができます。また、Web明細サービスや不正利用への補償など、便利と安心のサポートもあります。
メリットとデメリット

メリット

  • デポジット型なので審査が不安な方でも申し込みやすい
  • 利用枠を自分で決められる
  • デポジット型だがポイントも貯まる

デメリット

  • 保険が付帯していない
  • ETCカードや家族カードが発行できない
公式サイトを見る

審査が不安な方におすすめのクレジットカードのランキング根拠>>

審査が甘いのクレジットカードはない!

 

結論から言うと、審査が甘いクレジットカードはありません。審査内容や審査基準は非公開になっているため比較することができないためです。

 

ポイント
クレジットカードを発行するには、必ず審査に通る必要があります。クレジットカードの決済方法は後払い。審査をせず、利用した分を払えないような人に発行してしまうと、お金を回収できない可能性があります。

 

返済能力がある人を見極めるために、クレジットカードの審査が行われているというわけです。

 

また、割賦販売法という法律でも、支払い能力を超える場合はクレジットカードを発行することを防止するべきということが義務付けられています。

 

クレジットカードの審査基準とは?

 

一般的にクレジットカードの審査基準は公開されていません。ただ、審査で見られる項目を推測することはできるので、解説していきたいと思います。

 

信用情報

 

信用情報とは、クレジットカードや各種ローンの契約情報、延滞・破産・債務整理といった情報のことです。

 

ポイント
クレジットカードの発行会社は、「申込者が利用額を返済できるのか」という信用を測るために、審査の際に信用情報を必ず照会します。

 

CICJICCといった信用情報機関にて管理されており、申込者自身も開示請求することが可能。審査が不安な人は、クレジットカードに申し込む前に確認してみましょう。

 

収入に関する情報

 

クレジットカードを発行するか審査する際は、収入に関する情報もチェックされます。年収だけでなく、勤続年数や役職なども見られるでしょう。

 

収入に関する情報をもとにして、返済能力があるのか、どのくらいの限度額が最適なのかが判断されると予想できます。

 

そのため、なるべく安定した継続的なお給料をもらっている正社員や公務員の方が好印象です。

 

クレジットカードの審査に落ちる理由

 

クレジットカードの審査に落ちる理由としては以下のことが考えられます。

クレジットカードの審査に落ちる理由

  • 安定した収入がない
  • 信用情報に傷がついている
  • 借金が多い
  • ハイランクのクレジットカードに申し込んだ

安定した収入がない

 

安定した収入がない人は、利用した分をきちんと払えないと判断されるため、クレジットカードの審査に落ちることがあります。

 

具体的に、毎月の給料が一定ではないパート・アルバイトの人は、クレジットカードの審査に通らず発行できないことがあるでしょう。

 

毎月決まった日に一定の金額のお給料が入ると約束されている公務員や正社員の方が、審査では好印象です。

 

信用情報に傷がついている

 

また、信用情報に傷がついている人も審査に通らない可能性が高めです。

 

ポイント
特に、これまで破産申請やクレジットカード・ローンの滞納をしたことがある人、いわゆるブラックの人は審査に通るのが難しいでしょう。

 

破産や延滞などの記録は約5年残るため、その期間は新たにクレジットカードを作成したりローンを組んだりできないでしょう。

 

借金が多い

 

そのほか、借金が多い人もクレジットカードの審査に通らないことがあります。クレジットカードの利用分を払っていくのが難しいと見なされるためです。

 

クレジットカードを発行したい場合は、なるべく借金を返済しておくのがおきましょう。お給料とも収支が取れるぐらいに安定させるのが利用です。

 

ハイランクのクレジットカードに申し込んだ

 

ゴールドカードやプラチナカードなど、ハイランクのクレジットカードに申し込むと、審査に落ちる可能性があります。

 

ポイント
ハイランクのクレジットカードは、年会費が高額であったり、利用限度額が大きく設定されたりするため、そのぶん審査も一般ランクよりも厳しくなりがちです。

 

中でも、初めてクレジットカードを申し込む人や学生・20代の人などは、審査に通りにくいでしょう。

 

クレジットカードの審査に関するアンケート調査

 

ココモーラでは、コンテンツ制作に役立てる目的で、クレジットカードの審査に不安を感じた人を対象として独自アンケート調査を実施しました。

 

クレジットカードの審査に落ちないか心配な人はぜひ参考にしてみてください。

 

調査方法 フリージーを使用した独自調査
調査対象 18歳以上の男女
調査対象者数 300人
年齢比率

20~20歳:4人(1.33%)

30~39歳:31人(10.33%)

40~49歳:104人(34.67%)

50~59歳:147人(49%)

60歳以上:14人(4.67%)

性別比率

男性:167人

女性:133人

職業比率

会社員(正社員):146人(48.67%)

会社員(契約・派遣社員):23人(7.67%)

経営者・役員:5人(1.67%)

公務員(教職員を除く):6人(2%)

自営業:21人(7%)

自由業:7人(2.33%)

医師・医療関係者:2人(0.67%)

専業主婦:35人(11.67%)

学生:0人(0%)

パート・アルバイト:35人(11.67%)

無職:15人(5%)

その他:5人(1.67%)

調査期間 2024年2月
調査地域 日本

クレジットカードの審査に関するアンケート調査結果の元データ>>
クレジットカードの審査に関するアンケート調査の詳細>>

 

クレジットカードを申し込む際、審査に通るか不安でしたか?

 

クレジットカード審査 アンケート調査1

項目 回答者数 割合
はい 117 39%
いいえ 183 61%

 

クレジットカードの審査が不安だったか聞いたところ、約2.5人に1人が「はい」と回答しました。意外にもかなり多くの人が審査に通るか心配していたようです。

 

審査に通るか不安だった理由は何ですか?

 

クレジットカード審査 アンケート調査2

 

項目 回答者数 割合
収入が少なかったから 48 41.03%
雇用形態が正社員・公務員以外だったから 17 14.53%
無職・収入がなかったから 12 10.26%
勤続年数が短かったから 5 4.27%
何度も転職を繰り返していたから 4 3.42%
借金があった、ローンを利用していたから 7 5.98%
滞納したことがあったから 3 2.56%
破産や債務整理などをしてブラックリストに載っていたから 2 1.71%
すでにクレジットカードを複数枚持っていたから 18 15.38%
その他 1 0.85%

 

審査を不安に感じていた理由として最も多かったのは「収入が少なかったから」でした。

 

「雇用形態が正社員・公務員以外だったから」「無職・収入がなかったから」という回答も目立っていることから、収入のせいでクレジットカードを発行できないのではないかと危惧している人が多いと言えるでしょう。

 

チェック
安定したお給料をもらっているとは言えない状況だったとしても、審査難易度が低いクレジットカードを選べば、発行できる可能性は十分にあります。ACマスターカードや三井住友カード(NL)などがおすすめです。

 

また、2番目に多かったのは「すでにクレジットカードを複数枚持っていたから」という声でしたが、クレジットカードを発行できる上限はないので、何枚も持っていたからと言って審査に落ちるとは考えにくいでしょう。

 

ただ、短期間に何枚も申し込むとお金に困っていると見なされやすいので、最低でも半年以上は空けるようにすると良いです。

 

審査が不安だった時、何を基準にクレジットカードを選びましたか?

 

クレジットカード審査アンケート調査3

 

項目 回答者数 割合
年会費が無料 81 69.23%
一般ランクである 9 7.69%
審査難易度が低い会社が発行している
(消費者金融系・信販系・流通系)
9 7.69%
審査・発行スピードが速い 9 7.69%
申し込み条件が厳しくない 5 4.27%
有名、持っている人が多い 4 3.42%
その他 0 0%

 

審査が不安なときは「年会費が無料」であるクレジットカードに申し込んだ人がダントツで多く、約7割にも上りました。

 

実際、年会費無料のクレジットカードはステータスが低い傾向にあるため、審査難易度もそこまで厳しくないと言われることが多いです。加えて、年会費無料のほうが持ち続けやすいというメリットもあります。

 

審査に通るために工夫したことはありますか?

 

クレジットカード審査アンケート調査4

 

項目 回答者数 割合
審査に通りやすそうなクレジットカードを選んだ 62 52.99%
収入を増やした 8 6.84%
申し込む際に個人情報を正確に入力した 34 29.06%
転職した、就職した 5 4.27%
正社員、公務員になった 11 9.4%
支払いを滞納しないよう気をつけた 24 20.51%
キャッシング枠をゼロで申し込んだ 20 17.09%
申し込むクレジットカードを少なめにした 12 10.26%
借金を減らした 5 4.27%
信用情報を確認した 5 4.27%
その他 3 2.56%

 

審査に通るために工夫したことを調査したところ、「審査に通りやすそうなクレジットカードを選んだ」という意見が最多でした。

 

当サイトでも審査難易度を見分けるコツとして、主に以下の解説を掲載しています。

・年会費無料

・発行会社が消費者金融系/流通系/信販系

・主婦や学生でも申し込める

 

また、「申し込む際に個人情報を正確に入力した」という回答も目立ちました。これもかなり重要なポイントだと言えます。

 

個人情報や収入に関する情報が間違っていると、印象が悪くなるだけでなく最悪審査に落ちる可能性もあるため、念入りに確認しましょう。

 

審査通過率を上げるために収入を増やすの簡単ではないですが、申し込み情報の見直しは誰でもできるので、審査が不安な人ほど心掛けて欲しいです。

 

クレジットカードの審査に落ちたことはありますか?

 

クレジットカード審査 アンケート調査5

 

項目 回答者数 割合
はい 42 35.9%
いいえ 75 64.1%

 

クレジットカードの審査に落ちたことがある人は、全体の約3.5割でした。逆を言えば、審査が不安だったとしても約6割以上の人はクレジットカードの審査に通っていることになります。

 

つまり、収入が少ない人でも、金融事故を起こしたり、ランクが高すぎるクレジットカードに申し込んだりしなければ、発行できる可能性が十分にあると言えるでしょう。

 

クレジットカードの審査に落ちた原因は何ですか?

 

クレジットカード審査 アンケート調査6

 

項目 回答者数 割合
雇用形態が正社員・公務員以外だったから 5 11.9%
年収が200万円未満だったから 5 11.9%
無職・収入がなかったから 8 19.05%
勤続年数が短かったから 7 16.67%
何度も転職を繰り返していたから 3 7.14%
借金があった、ローンを利用していたから 4 9.52%
滞納したことがあったから 1 2.38%
破産や債務整理などをしてブラックリストに載っていたから 2 4.76%
すでにクレジットを複数枚持っていたから 5 11.9%
その他 2 4.76%

 

先ほどのアンケートで審査に落ちたことがあると回答した人に、その原因を聞いてみたところ「無職・収入が少なかった」ことに心当たりがある人が最も多かったです。

 

審査に落ちてもその理由を教えてもらえるわけではありませんが、確かに収入がない人は審査に落ちやすい傾向にあります。

 

収入がない人は少しずつバイトやパートを始めてみたり、身内が持っているクレジットカードの家族カードに申し込んでみたりするのがおすすめです。

 

監修者

専修大経営学部卒業後、16年間パソコンやIT関連の企業にて営業職に携わる。その間に資産運用に興味を持ち日本FP協会のAFP資格を取得。2004年3月に同協会のCFP®資格を取得し同年6月、札幌にて「オンダFP事務所」を開業。初心者向け資産運用に関するセミナーと投資信託など資産運用を中心とした記事の執筆及びクレジットカード、カードローン、暗号資産、住宅ローンなどの記事監修を中心に活動中。

大学卒業後、医薬品・医療機器会社に就職。在職中にFP1級CFP宅地建物取引士に独学で合格。
会社を退職後、未経験から神戸で数少ない独立型FPとして起業。現在は相談業務、執筆業務を中心に活動中。

育休中、フリーランス女性に向けて「社会制度」や「貯金・投資」に関するお役立ち情報を発信。

マネーコラムの執筆や記事監修も手がける日経xwoman公式アンバサダー。著書「お金の使い方、貯め方教えて下さい」主婦の友社

<a href="https://cc-moola.com/creditcard/kenji-kaneko/">金子 賢司</a>
ファイナンシャルプランナー

東証一部上場企業で10年間サラリーマンを務める中、業務中の交通事故をきっかけに企業の福利厚生に興味を持ち、社会保障の勉強を始める。

以降ファイナンシャルプランナーとして活動し、個人・法人のお金に関する相談、北海道のテレビ番組のコメンテーター、年間毎年約100件のセミナー講師なども務める。趣味はフィットネス。健康とお金、豊かなライフスタイルを実践・発信しています。

<a href="https://cc-moola.com/creditcard/takeshi-toriya/">鳥谷 威</a>
有限会社バード商会

福岡の大学を卒業後、大手インフラ業界に就職。主に、ご家庭の光熱費削減や新電力の業務に約4年ほど従事。現在は、父の会社(有限会社バード商会)を継ぎ、独立系のファイナンシャル・プランナーとして活動中。専門分野は、家計改善(光熱費の見直し)と資産形成の分野。

FPの実績は、カードローン相談、光熱費の見直し、企業型確定拠出年金の導入、日本FP協会でアシスタント相談員、執筆などを行っている。

水野総合FP事務所代表。不動産の実行支援をお手伝いする独立系ファイナンシャルプランナー

年間100名以上のお客様から不動産・住宅ローン、資産運用やライフプランなど、様々なご相談をお受けしています。

日本FP協会「2021年FP広報センター」スタッフ。楽しい暮らしを叶える不動産エージェント。学校法人専門学校非常勤講師。

人気特集一覧

カテゴリ一覧

カード種類
  • -
  • -
  • -
年会費
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
スマホ決済
  • -
  • -
  • -
対応ポイント
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
追加カード
  • -
  • -
その他
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
国際ブランド
  • -
  • -
  • -
  • -
還元率
  • -
  • -
  • -
電子マネー
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
対応マイル
  • -
  • -
付帯保険
  • -
  • -
  • -
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。

・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。

・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。

・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

・ココモーラでは、アフィリエイトプログラムを利用し、アコム社などサービスや商品の提供元の企業様から委託を受け広告収益を得て運用しております。